プログラム言語 II TOP

ま と め



用語だけを覚えても意味がありません。プログラムを作ることができなければ意味がありません。


関数(1)
関数の定義と関数原型

実引数と仮引数
 仮引数の値を変更したら,対応する実引数はどうなるのか?

返却値と return 文
 retrun 文が省略されることもある。
 void 型(関数(2)

 

実行結果
 


関数(2)
自動変数と静的変数
 変数にはメモリを割り当てます。
 いつ割り当てられるのか,いつまで割り当てられているのか
  メモリが割り当てられている間は,値が残っています。
 関数(2)の例題参照


関数(3)関数(5)
局所変数と外部変数
 変数は,使うことができる範囲(有効範囲)が決まっています。
 同じ名前の変数であっても,有効範囲が異なれば,別の変数になります。


関数(4)
再帰関数


配列(1)
添字の値は,0 から始まることに注意!
添字には一般に式を使うことができます(例題だと,単に定数や変数の場合が多いですが)。


配列(2)
配列引数
 配列全体を引数として,呼び出す関数に渡すことができます。
 単なる,変数を引数としたときと,どのような違いがあるのか?

配列(要素)の初期化
 変数の初期化も思い出すこと!

sizeof 演算子

配列を使ったプログラム例



試験について
 指定された座席に着席してください。

 教科書とノートの使用は認めます(教科書以外の書籍は認めません)。

 通信機能の有無を問わず,時計以外のディジタル機器の使用は認めません。



プログラム言語 II TOP